< 戻る

マイナンバー制度開始に関するご案内

平成27年12月1日

平成28年1月から、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が開始します。 税務上、一定のお取引に「マイナンバー(個人番号)」「法人番号」等のご提示が必要となるため、ご協力くださいますようお願いします。
なお、当金庫は「マイナンバー(個人番号)」の取得や保管に関して、厳格な管理態勢を講じています。

マイナンバー制度についてはこちら

マイナンバー提示が必要なお取引

個人 法人
  • マル優(非課税貯蓄制度) *1
  • マル特(公債利子非課税制度)
  • 財形(年金・住宅) *2
  • 投資信託
  • 公共債
  • 出資金
  • 外国送金・支払および受領
  • 定期預金、通知預金、定期積金
  • 外貨預金(普通、定期)
  • 外国送金・支払および受領(外為IBを含む)
  • 出資金
  • 財形制度がある法人 *3
  • 投資信託
  • 公共債
  • *1自動継続式のマル優定期預金をご契約のお客さまは、平成27年12月中に告知していただく場合があります。
  • *2勤務先に個人番号を告知し、勤務先を経由して当金庫が利用します。
  • *3非課税財形を利用している従業員に係る書類作成に利用します。

個人のお客さまのマイナンバー提示方法

個人のお客さまのマイナンバー提示の際は、「番号確認」と「本人(実在)確認」をさせていただきます。

「個人番号カード」を提示いただいた場合
個人番号カードのご提示だけで結構です。
(個人番号カードで、番号確認と本人(実在)確認が可能です。)
「通知カード」または「住民票(マイナンバー付)」を提示いただいた場合
  • 別途、下記いづれかの写真付き本人確認書類のご提示が必要です。
    (通知カード等で番号確認を行い、本人確認書類で本人(実在)確認をします。)
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード
    • 運転経歴証明書
    • 在留カード
    • 身体障害者手帳
    • 療育手帳
    • 写真付き学生証
    • 写真付き身分証明書
    • 写真付き社印証
  • 写真付き本人確認書類をお持ちでない場合は、下記の写真なし本人確認書類2種類のご提示が必要です。
    • 国民健康保険被保険者証
    • 健康保険被保険者証
    • 後期高齢者医療被保険者証
    • 介護保険被保険者証
    • 国民年金手帳
    • 母子健康手帳
    • 児童扶養手当証書
    • 学生証
    • 身分証明書
    • 社員証

※詳しくは当金庫担当者までお問い合わせください。