< 戻る

第8回「西武信用金庫カレンダー原画公募」結果発表

2018年11月1日

今年で8回目を迎えたカレンダー原画コンテスト。
「飛躍」をテーマに120点の作品が寄せられ、個々の着眼点と技法で表現いただきました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
最優秀賞作品が描かれた当金庫ポスターカレンダーは、11月下旬より全店舗にてご用意しております。なお数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

最優秀賞1点(賞金50万円・カレンダー挿絵採用作品)

第8回 カレンダー公募 最優秀賞

■タイトル
「地球(夢)にふれたい」

■作者
金永治雄さん(中央区)

■作者コメント
地球(夢)にふれようとする子供を助け抱きあげるAIロボットのように、信用金庫が未来を目指す子供達の助けになる姿を表現しました。

入賞5点(賞金10万円)

  • 第8回 カレンダー公募 入賞①

■タイトル
「SEIBU Tree」

■作者
松尾ゆりのさん(目黒区)

■作者コメント
大地より空高く伸びていく大木で、今後のAI時代を支え飛躍し発展していく西武信金をイメージしました。中央から高くそびえ立つ青く太い幹とそこから伸びる枝は人々の生活を支えるITインフラを、伸びる枝にはITおよびAI技術の発展に伴い変化した人々の生活を映し出しています。年間を通じて楽しめるよう、人の動きにアイコンをプラスし自由にストーリーが想像できるよう描きました。

第8回 カレンダー公募 入賞②

■タイトル
「共に歩む2019」

■作者
ユリノ・サムさん(目黒区)

■作者コメント
季節感あるモチーフを織り交ぜ、すごろく盤をイメージして描きました。日々の暮らしの中の人と人、人と街、人と時間が関わり深く積み重なり、つながってゆく1年を表現しています。

第8回 カレンダー公募 入賞③

■タイトル
「yorisoi」

■作者
くぼちなつさん(小平市)

■作者コメント
おおきな鯨を西武信用金庫に見立てお客さまと地域と共に沢山のエネルギーをもらいながら広い空をどこまでも高く飛躍していく様子を表現しました。周りにいるキャラクター達はこれからの未来、私達と寄り添い手助けしてくれるAI達です。テクノロジーが進化していく中、AIと生き物が助け合いながらお互いの機能や生活を高め合っていく姿を描きました。

第8回 カレンダー公募 入賞④

■タイトル
「ともにそだつ」

■作者
武花京さん(渋谷区)

■作者コメント
キャラクターは仕事中の人や学生や子供、家族など一般市民を書きました。「住民(信用金庫の利用者)と共に成長できる明るい未来」という意味を込め、よく育つ豆の木を中心に虹のすべり台を描きました。

第8回 カレンダー公募 入賞⑤

■タイトル
「sora no ue-2)」

■作者
しろこまたおさん(八王子市)

■作者コメント
飛躍というテーマから空高く飛び立つ鳥をイメージし油性木版画作品に仕上げました。背景には無数の数字を描くことで鳥たちの飛躍する様子をAI時代の未来へ飛躍していく西武信用金庫の事業と重ね合わせました。

お問い合わせ

西武信用金庫 経営企画部

電話番号:
03-3384-6117