< 戻る

マネー・ローンダリング およびテロ資金供与対策をふまえた預金規定の改定について

2019年7月25日

 金融庁より2018年2月に公表された「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン」をふまえ、当金庫は2019年10月1日より流動性預金に係る預金規定を改定いたします。
 規定改定後は、お取引の内容や状況等に応じてお客さまのお取引の目的やお客さまに関する情報等を再度確認させていただく場合がございます。
 また、在留カードをお持ちのお客さまにつきましては、新規口座開設時に在留期間や在留資格等を確認させていただいておりますが、すでにお取引のある客さまにつきましても、在留期間や在留資格等を更新された場合は、更新された新たな在留カードを当金庫へご提示いただきます。
 当金庫が求める確認や資料のご提出について、ご対応いただけない場合には、お取引をお断りさせていただく場合やお取引を制限させていただく場合がございます。
 また、当金庫が確認した情報や資料の内容によっては、お取引の全部または一部を制限させていただく場合がございます。


1. 改定となる預金規定

普通預金規定、当座勘定規定、貯蓄預金規定、納税準備預金規定、総合口座規定

2. 主な改定内容

規定内の条項の新設・追加

新設する条項

「取引の制限等」を新設します

追加する条項

「解約等」について一部追加します(太線部=追加)


以下省略

改定後の普通預金規定はこちらをご覧ください