< 戻る

電子決済(でんさいネット)

「でんさいネット」は、手形や売掛債権の問題点を克服して、中小事業者の資金の円滑化を図るための新たな決済手段です。

でんさいネットのホームページ

でんさいネットとは?

全国銀行協会が設立した電子債権記録機関である「(株)全銀電子債権ネットワーク」を、通称「でんさいネット」と呼びます。 また、でんさいネットに記録された電子記録債権を「でんさい」と呼びます。
インターネット等を通じて、電子記録債権をでんさいネットの記録原簿に記録することで、支払に利用できます。

でんさいネットのメリット

支払企業

受取企業

でんさいネットの利用イメージ

例: 納入業者(債権者)が、メーカー(債務者)に物品を販売した場合

  • 1債務者であるメーカーが、インターネット接続PC等を使用して、自社の取引金融機関を通じて「でんさい」の発生記録請求を行います。
  • 2でんさいネットの記録原簿に記録されることで、「でんさい」が発生します。
  • 3債権者である納入業者は、自社の取引金融機関やインターネット接続PC等への発生記録通知により、「でんさい」の発生を確認することができます。
  • 4支払期日に、メーカーの取引金融機関から、納入業者の取引金融機関の口座へ自動送金され、決済が完了します。
  • 「でんさい」は、手形裏書に相当する譲渡や、債権を分割して支払に充当することもできます。
  • 納入業者が受け取った「でんさい」は、手形割引のように支払期日前に資金化することもできます。ただし、「でんさい」の割引には審査が必要です。

お問い合わせ

西武信用金庫 事務支援部 
でんさい担当

電話番号:
0120-75-0095
受付時間:
当金庫営業日の9:00~17:00